楽天ROOMはじめましたもんきちの楽天ROOMをチェック

家族でアスレチック!森の空中あそび パカブに行ってきた!(レビュー)

もんきちです。

コロナ禍でなかなか旅行ができない中、住まいと同じ神奈川県内にある

アスレチック「森の空中あそび パカブ」に家族で行ってきました。

久々に家族で小旅行かつ思いっきり身体を動かして遊べて大満足!

この記事では、「森の空中あそび パカブ」に関して体験を交えて紹介していきます。

こんな方におススメです

① 家族で楽しめるスポットをお探しの方

② 神奈川県内にお住まいの方

③ アスレチック好きの方

是非、最後までご覧になってください。

目次

森の空中遊び パカブとは?

パカブは、フランスにある小さな島グロワ島にて生まれたそうです。

島では漁業が盛ん。人々は漁業で使う魚網を使って今までにない遊びを生み出しました。

その魚網を使って遊べる空間を「パカブ」と呼ぶそうです。

フランス、イギリスで広く愛されているこの「パカブ」。

世界で3か国目として日本にやってきました。

詳細は下記公式サイトもご参照ください。(外部リンクに飛びます)

日本初!森の空中あそび パカブ

入口及び受付 受付の奥にロッカールームがあります

営業時間

営業時間は季節により若干異なっています。

4月〜10月/9:00〜17:00、11月〜3月/9:00〜16:00

利用時間

90分間の入れ替え制となっています。1回当たりの定員数は150人。コロナ禍の現在では、感染防止対策も兼ねて、100人までとなっていました。(2021.6.15時点の情報です)

【各時間枠】
① 9:00〜10:30  ② 10:30~12:00
③ 12:00〜13:30  ④ 13:30~15:00
⑤ 15:00〜16:30  ⑥ 16:30~18:00(⑥はGWや夏休みのみの時間帯)

利用料金

料金は以下の通りとなっています。

7歳以上2,000円
3~6歳750円
2歳以下無料

 ※2歳以下の子供は保護者同伴の上、キッズスペースのみの利用となります。

うちの次男も1歳でしたが、1歳でもキッズスペースで安全に楽しく遊べましたのでご安心ください。

駐車場

100台駐車可能。料金無料。

ロッカー

園内は飲み物、スマホ以外ほぼ持ち込み不可です。

入り口にロッカーがあり、貴重品はそこに預ける形になります。

ロッカーは施錠時に100円必要ですが、

開錠時に戻ってきますので、実質無料で利用できます。

服装などの規定

サンダルなどは不可。長袖、長ズボンを運営は推奨されていますが、半袖、半ズボンも可。

ただし、網などで擦れて怪我する可能性はありますので、

お子様は長袖のほうが安心かもしれません。

予約方法

公式ページより、オンライン予約ができます。

当日券の発売もありますが、定員に達していた場合、

入場できない可能性がありますので、オンライン予約がおススメです。

オンライン予約は下記リンクからどうぞ!

森の空中あそび パカブ 予約

家族でパカブを体験!

我が家はもんきち、妻、長女(7歳)、長男(4歳)、次男(1歳)の5人家族。

パパ、ママは交互に次男とキッズスペースで遊ぶ時間を作りながら、

長女・長男と思い切り遊んできました。

キッズスペースで遊ぶ次男も安全安心に楽しく遊んでいました!

キッズスペースへの道。道の先は広場になっていて、柔らかいボールが沢山!
頭上にお兄ちゃん・お姉ちゃんが見えることも!

入り口を入ると

フランス発祥ということで凱旋門・エッフェル塔がお出迎え

凱旋門、エッフェル塔を潜ると、パカブが見えてきます。

さあ、パカブに突入!

入り口前で、係員さんから利用にあたっての注意・ルールの説明があります。

その後、さあ、突入!です。

入り口を入るとひたすらまずは坂を上がっていきます
網の上を歩くので、バランスとるのが意外と難しい。体幹が鍛えられます。

網の上をとにかく歩く!ゆらゆら揺れる。トランポリンのような感じで跳ねる。

とにかくバランスとるのが難しい!意外と足に来る!

網なので、上も下もばっちり見えます。

高所恐怖症の方は最初は怖いかもしれません。

でも、落下するような場所は皆無で、安心して網の上を進むことができます。

子供たちがハマったスポット

パカブ内は通路から各フロアに通じており、

フロアごとに様々なアトラクションを楽しめます。

その中で子供たちがハマったのは次の3つでした。

① 的当てコーナー

的当てスポット

まずは、的当てエリア。フロア内にマジックテープ付きのボールが置いてあります。

子供たちはそのボールを的に向かって投げる!

でも、これが難しい。なんせ、足場が安定しません。

トランポリンの上で的当てをしているイメージです。

「うまく投げられないよ~!」なんて騒ぎながらも、

アジャストしていく娘。最後は真ん中を射抜くほどに成長しました(笑)

② バスケットボールコーナー

画像がぶれているのは、足場が安定しないからです(言い訳)

なんと、バスケットボールコーナーもあります。

実際のバスケットボールではなく、柔らかいボールがフロアに用意されているのですが、

とにかく足場が安定しないので、シュートが難しい!

バスケ経験者の僕は何とかきちんとシュートを決めて、父親の威厳を保つことに成功しました!

これ、純粋に体幹を鍛える意味でもバスケのトレーニングになりますね。家の近くにほしいです。

③ スライダー

画像引用:公式ページ(http://parcabout.jp/)より抜粋

パカブ内に4つの穴があいてあり、各種スライダーとなっています。

緩やかなものから、急なものまで。

プールのウォータースライダーのような感じでスリル満点!長女・長男共にリピートしていました。

上手く滑らないと網にこすれて痛いので、そこは注意が必要です。

とにかく、動き続けた90分間!

たった90分と思っていましたが、かなりの運動量。

子供たちは帰りの車に乗るなり大爆睡。僕も筋肉痛になりました。

でも、心地よい疲れ。自然の中で思い切り身体を動かすって

本当に気持ちいいなあと再認識できた1日となりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ずっと気になっていたけれど、なかなか体験できていなかったパカブでしたが、来て大正解でした。

森の空中あそび パカブは結論としてこんな人におススメです。

パカブはこんな方におススメ!

● ファミリーで身体を思い切り動かして楽しみたい!

● 自然も楽しみたい!

少しでも参考になれば嬉しいです。

終わります。

★もんきちブログはWordPressテーマ「SWELL」を使用しています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる